アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」応援記事 アイマス初心者の方におすすめするライブBD5選+1

この1月からアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』(通称「デレアニ」)の放映が始まりましたが、期待以上のクオリティで一ファンとして大変うれしく思っています(^^)
…そして、それと同じくらいうれしかったのは、これを期にアイマスに興味を持ってくださる方が増えたこと。


ぼく自身、2011年放映のアニメ『アイドルマスター』(通称「アニマス」)がファンになった直接のきっかけなので、この状況に親近感を覚えてまして。
ぼくが“やられた”のはアニマス20話で終盤のことでしたが、今回のシンデレラは序盤も序盤、3話でいきなりぶちかましてくれましたからね! あのライブ回で「ギュッ」と心を掴まれてしまった方は多いのではないでしょうか。
以前、劇場版公開に向けて「応援記事」なるものを書いたことがあるのですが、今回はデレアニ応援記事を書いてみようかと思ったのです。


テーマですが、3話の話をしたので、「アイマスのライブBD」のおすすめ記事とすることにしました。*1
紹介本数はキリよく5本、とするつもりだったのですが、絞りきれず+1本となっています(^^;
それではどうぞ。


(2017/7/22追記)
『ミリオンライブ!』に絞ってつづきを書いてみました。
一部重複する内容もありますが、こちらもどうぞ。

SSA二日目

2014年2月、本家765プロ・シンデレラ・ミリオン総出演、さいたまスーパーアリーナという大きな会場で開催された『THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2014』(通称「SSAライブ」)。
これを押さえておくだけでとりあえず全体がカバーできるこちらを、まずおすすめします。




SSAライブのBDは一日目と二日目で2本出ていますが(Day1とDay2)、二日目を推す理由は、事前に知らされなかった「シークレットゲスト」としてアイドルマスター ディアリースターズ日高愛役・戸松遥さんが出演されているからです。
それを除けば、一日目はミリオンの日、二日目はシンデレラの日という感じでセットリストがかなり違っているため、どちらがよいかは何とも言えず。オーディオコメンタリーの顔ぶれもかぶりが無いので、後はもう好みで選んでいただく他はありません。
ちなみに、このYouTubeの公式ダイジェスト。Vol.1が765プロ、Vol.2がシンデレラ、Vol.3がミリオン中心で編集されていますが(サムネもそれぞれの代表曲)、一日目と二日目の映像が混ざっているのでどちらか一方だけ購入を考えられている方はご注意。左上に曲名が出てますので、BDの内容紹介にあるセットリストと見比べていただければ。


また、ファン製作の出演者紹介動画を参考までにどうぞ。


シンデレラ1st二日目

デレアニ応援記事ですので、お次はシンデレラの単独ライブを。
2014年4月、「シンデレラ」にあやかって東京ディズニーランドのお膝元・舞浜アンフィシアターで開催された、アイドルマスター シンデレラガールズの1stライブ『WONDERFUL M@GIC!!』。


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!! 0406【Blu-ray】

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!! 0406【Blu-ray】



舞浜も一日目と二日目で2本出ており(0405と0406)、日程によって出演者が一部入れ替わります。二日目を推す理由は、二日目の参加者にアニメのヒロイン組である「シンデレラプロジェクト」のメンバーが多いこと、ともう一つ、二日目のラスボス、高垣楓役・早見沙織さんの「こいかぜ」をぜひとも聴いていただきたいから。また、「1stライブの千秋楽」、その公演最後のMCも大きな見どころです。
ただ一点、この公式ダイジェストを見てもわかることですが、舞浜は舞台の形状とその狭さから「出演者が観客席の目と鼻の先」というとても変わった会場で。このBDではよくも悪くも“観客が目立つ”のが、初心者の方におすすめしづらいところではあります。他のライブBDを先に鑑賞してある程度「慣れ」ていただいてからのほうが楽しめるかも。
現状、シンデレラのライブBDで手に入るのはこれだけ。昨年11月、1万人以上収容の大会場である代々木体育館で開催された2ndライブはおそらく今年の初夏ぐらいに映像化されることと思われますので、期待して待ちたいと思います。

7th二日目

アイドルマスターのアニメと言えば、昨年2014年は年初に『劇場版』が公開されました。その物語の中で登場人物たちが目指した「アリーナライブ」、そのモデルとなった公演のライブBDをおすすめします。
2012年6月、横浜アリーナで開催された本家765プロの7周年記念ライブ『THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!』(通称「7thライブ」)。




公式ダイジェストは短すぎて、「ダイジェスト」というよりただの「CM」ですので、非公式ですがファン製作のものも紹介します。
こちらは7thライブに触れるたびに毎回合わせて紹介していますが、gouzouP製作のライブMAD。



それと、ライブBD販促動画シリーズ。



7thは一日目と二日目(120623と120624)でセットリストがまったく同じなので、どちらを選ぶかはほとんど「勘」の問題かと思います。
日程による違いは、観客サイドでは一日目は公演初日で「何がくるか」知らないので、イントロが流れたときに「おおー!」と歓声がしたり、コールの練度が足りないのが二日目はパワーアップしたりしています。演者サイドでは歌い方を変えたり、一日目の反省点を修正してきたり。映像サイドではカットや画面構成を変えているところがありますが、いずれにせよ“微妙な違い”であり、どちらか一方を積極的に推す材料にはなっていません。そこであえて二日目を推しているのは「千秋楽」だから、の一点。
2012年が7周年ということは、今年2015年は10周年という記念すべき年。どんなことがあるのかまだ具体的な発表はありませんが、とっても楽しみ(^^)


ついでにこちらも紹介しますね。7thライブ前のニコニコ超会議で開催されたイベント「プロデューサー座談会」。
参加者は総合Pの坂上さん、総合Dの石原さん、総合サウンドPの中川さん、アイマスライブと言えばこの人という感じの演出の浅野さん、アニメのアニプレックス鳥羽P、司会はアニプレックス宣伝Pの高橋祐馬さん、というアイマスファンにはお馴染みの面々(あとコロムビアの柏谷P、サウンドPの内田さんあたりまで揃えばほんとに勢揃いという感じがします)。
7thに向けた意気込みを語る、という主旨の座談会ですが。こんなふうに本来裏方のスタッフ陣が表に出てきてファンと交流する機会が多いのもアイマスの特徴、と思います。


ミリオン1st一日目

本家765プロとシンデレラの単独ライブBDをそれぞれ紹介しましたので、こちらも。
2014年6月、中野サンプラザで開催されたアイドルマスターミリオンライブ!の1stライブ『HAPPY☆PERFORM@NCE!!』。*2




中野も一日目と二日目で2本出ており(Day1とDay2)、日程によって出演者が一部異なります。一日目を推す理由は、今のところアイマス声優では唯一無二の、ジュリア役・愛美さんによる「流星群」でのギター弾き語りを見ていただきたいから。SSAでも一日目で演っていますが、この紹介記事ではSSAは二日目を推してますので…(^^;
中野は二日目ももちろん見どころが多いのですが、ミリオン(の中の人)について、特に最上静香役・田所あずささんとその出演に関するエピソードを事前に知っていただいてからの方が、思い入れができてより楽しめる(?)はずですので、初心者の方向けの本記事ではあえておすすめしません。
ここ最近のイチオシです。一日目をご覧いただいた後で、二日目もぜひ!


参考までに…



ミリオンはこの4月に2ndライブが予定されていますが、765プロカバーで「チェリー」とかこないかな…、なんて思ってみたり。4月頭で時期もいいし、フレッシュなこの子たちにはよくハマるんじゃないかな、と。カバーやる話は出てないんですけどね(^^;

アイステ1st

ここまで紹介したのは、「やっぱりそれは外せないよな」とファンなら誰もが思うような定番の、悪く言えばありきたりな、ラインナップになったかと思います。
そこでもう一つ紹介させてください。現在週に5本もあるアイマス公式ラジオ番組の一つ、本家765プロ若手メンバーがパーソナリティを務める『アイドルマスターステーション』(通称「アイステ」)。そのラジオ番組の1stライブ、『HEART AND SOUL』のBDです。



公式PVが無いので販促動画シリーズから。



他のライブBDは大きな会場で開催された大型ライブのものですが、こちらはラジオ番組のイベントとして小さなライブハウスで行われたという点で一風変わっています。曲もラジオ番組用に特別に書き下ろされたものがほとんどで、ラジオを聴いてなければアイマスファンですら知らない曲も多いかと思います。キャラの持ち歌ではなく、中の人本人の歌として歌われてもいますし。
しかしそのクオリティはこのダイジェストを見れば一目瞭然。そしてもう一つ、初心者の方におすすめするポイントは「とにかく安い!」こと。ライブBDなのに新品が3000円台で買えてしまう上、おまけとして当日のリハの様子(?)や後日収録した演者3人の感想映像が40分ぐらい入っているという太っ腹ぶり。なんでこんなに安いのかよくわかりませんが。
ぼくのアイマスファーストコンタクトは実はラジオ番組でありラジオ曲なので(アイマスレディオ。当時アイマス知らなかったのに聴いてました)、ミリオン1stライブではラジオ番組のテーマソング「U・N・M・E・Iライブ」も披露されてますし、本家の大型ライブでもいつかラジオ曲演らないかな… などと思ったりもします(^^)FO(U)R」「Okey-dokey」や「Traveler」とか、もちろん「1,2,3」とか。

冬フェス昼

そして、こちらも「どうしても!」ということで紹介させてください。
2013年2月、幕張メッセで開催された本家765プロの冬の定例ライブ『MUSIC FESTIV@L OF WINTER!!』(通称「冬フェス」)。




やっぱりダイジェストはこちらで。



このライブは一日の開催だったのですが、昼の部と夜の部でニ公演ありました(Day TimeとNight Time)。セットリストはまったく同じものの、どちらもそれぞれに見どころがあります。
アイマス単独の大型ライブとして初めて「生演奏」を取り入れたこと。それに、あるキャラの持ち歌を別のキャラの中の人が歌う「持ち歌シャッフル」を意識的に行ったのもこのときが初めてだったように思います。
そして、デレアニ3話でヒロイン3人が苦戦した、ステージにぴょんと飛び出す「ポップアップ」。あの話は、おそらく冬フェスでの高槻やよい役・仁後真耶子さんのエピソードを意識したものであることは想像に難くありません。仁後さんはソロ曲にポップアップで登場したのですが、昼の部では失敗して尻もちをついてしまいました。(夜の部では成功)
夜の部は夜の部で、トリの萩原雪歩役・浅倉杏美さんのソロ曲は、この同じ幕張メッセで開催された5周年ライブでの初顔見せからここまでの道のりを知る人にとって涙腺をやられること必至の展開。こちらも、ある程度アイマスを知ってから手にとっていただいたほうがよいと思うので、あえておすすめしないでおこうと思います。


こちらも参考までに…

初めて会った日、覚えてますか?
あなたの優しいまなざし
わたしより大きくて広い背中が 少し眩しかった
            ── 『First Step』



というところで、おすすめライブBDの紹介はおしまい。
あ、あと最後に、5thと8thはBOXで買わないと絶対後悔しますよ!!*3



(2016/1/16追記)
この記事を書いた後、2015年内に発売されたアイマスライブBDについて、つづきの記事を書きました。

*1:以前ライブBDの感想をあげたときに、「一日目と二日目のどちらを買えばいいか」みたいな検索ワードで見えた方がいたので、それに対する応答も兼ねてまして。
ぼくは常にBOXで購入しており、「どのBDを買うべきか」気にしたことが2013年までは無かったのですが。2014年はアイマスの公式大型ライブとしてSSA・舞浜・中野・9thツアー・代々木と5つも開催、BDは8thツアー・SSA・舞浜・中野で4つ発売、と「次から次に迫ってくる」感じで、経済的に多少余裕があるつもりの自分もさすがに財布の心配をせざるを得なくなってきたというか…。まあ、買うんですけどね(^^;

*2:全然関係ありませんが、自分の現在の勤務地は中野で、毎日サンプラザの前を歩いているので、公演翌日の月曜も「昨日ここだったんだなあ・・・」と出勤途中にしばらく見上げていたことを思い出します。

*3:BD BOXの特典として他では見られないライブ映像を収めたディスクがおまけでついてくるからです。5thは翌年の冬ライブのダイジェスト、8thはツアーの他日程すべてのダイジェスト。今度5月に出る予定の9thツアーのBDも8thと同様です。