2019年上半期ニコマス20選+サムネ1選

ニコニコ動画に投稿されるアイドルマスター動画「ニコマス」の、半年に一度の人気投票イベント。
今期も開催いただき大変ありがとうございます(^^)
今回もよろしくお願いいたします。

◆告知動画

◆公式ホームページ
https://www65.atwiki.jp/dassyu/

基本レギュレーション

・対象は2019年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
・1Pにつき1作品(合作・別名義については別カウント)
・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でも可)

※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります

https://www65.atwiki.jp/dassyu/pages/95.html

紹介する動画の並びは基本的に記事投稿時点での再生数順です。


ニコマス20選

(1) オルカさん、シュウさん


シンデレラアイドルたちのオリジナルイメージソングを集めた企画『デレソンツアーVol.4』の参加作。
明るく爽やかなアーニャのイメソン。とても心地のいい歌声(^^)

(2) もじさん


ミリオン6周年記念の動画投稿企画『ミリオンライブ!6th st@ge Fantastic Festiv@l!?』の参加作。
郷里を遠く離れてがんばる紬の耳に、今も残る故郷からの声援。こういうお話に弱いんです…

(3) よぅさん


「シンデレラ」といえばガラスの靴。そんなシンデレラたちの足元を映し出すデレステPV。
その発想もさることながら、映像もおしゃれですばらしい!

(4) 枝花さん


すれ違うPとアイドル。出逢ってしまったのに会えない苦しみ。
素材やモチーフから、無印時代の名作MADを見ているよう。でも、この今だからこそのリアルな重みが。

(5) まっとんP


ノリのいいギター演奏。

(6) てつ(XIAO)P


冬の日、街中で出会った一人の女の子。キラキラした街並を二人で駆け抜けた楽しい時間もあっという間の夜12時、あの子は霧のようにかき消えてしまった。あれは、夢・・・?
──そんな未央のデレステMAD。美しすぎます。

(7) 恵智さん


最初聞いたとき「なんじゃそりゃあ」と驚いたこのイベント。
某ディ○ニーを元から意識していたシンデレラにはお似合いかもと思い直したものの、都合がつかず参加は見送り。こちらを拝見してやっぱり楽しそうだな、行きたかったな~と… レポ乙でした(^^)

(8) デルソルさん


アニメMAD作者がデレステPV作ってみた。かっこいい。

(9) ねりえささん


文章を追わず挿絵だけを見て物語を想像する。それが都の推理小説の読み方。なぜそんな読み方をするのか、文香はその理由に思いを馳せる──
不思議の国のアリス』や『マザーグース』をわくわくしながら読んでいた子供の頃が思い起こされ、落としどころの絶妙さもあいまってとても心をふるふるさせられたお話でした。

(10) ポッキーさん


「Stage Bye Stage」の曲によしのんソロの「Snow*Love」の歌を合わせたiM@SHUP。
テンポのはっきりした曲なのでたいていの歌に合うんだろうとは思いますが、それにしてもこのハマりよう。

(11) ごまP、ゆっぴP、しょじょんP


765ミリオン勢揃いのイベント『KAKU-tail THE@TER』のトリを飾った、TSVの「リーダー」な「恵美」のミリシタPV。
ミリオン4thライブの最終日、琴葉のいない「ジレるハートに火をつけて」の次に「君との明日を願うから」の続いたことがいつまでも心に残ってまして。
明日は必ず今日になって、次の明日がやってくる。扉を開けて次のステージへ── そんな光景が見えた気がしました。

(12) 藻蔵(もぐら)さん


かわいいいがいにことばがでない

(13) バルタン星人さん


この目のつけどころ。

(14) あいこんP、卍P、8root5さん


タイトル通りのアイマスREMIX作品。
肌寒い秋から冬ごろ、夜空に星を見上げてる感じがすごい。そこにあたたかみがきちんと感じられるのもすごい。

(15) チャオ☆メガネさん


ミリオンTC「孤島サスペンス」の教師役に律子を推す、火曜サスペンス劇場イントロふう手描きアニメ。
新年早々ものすごいものを見てしまった

(16) ズターP


こちらも律子のTC支援、映画『グレイテスト・ショーマン』の嘘字幕動画。
「Looking for Millionstars!」って言ってただけに、こんな機会のくることをずっと待ちわびてたのかな、と。

(17) あずまうどさん


明○チョコレートがデレステに早変わり。
「食べ物で遊んではいけません」のしつけも今は昔。高速タッチで銀紙ボロボロ、フリックの摩擦でチョコはドロドロになってそうですが…(^^;

(18) 佐倉さん


なるほどこれは、SideSじゃなくてSideM。あとが怖いぞw

(19) CYANGEさん、tohanaさん、ふるのさん


ミリオン版ニコニコ組曲、といった趣きの合作MAD。
映像のクオリティーと密度、そこに込められた愛の量。

(20) いをさん


放課後クライマックスガールズのシャニマスMAD。
フレッシュな彼女たちの伸びしろと爆発力を表現してみたらこうなっちゃいました、みたいな。


サムネ一選

絵柄のかわいらしさで今回はこちらを選ばせていただきました。

キゴロモさん


選外作品の特別ピックアップ

本編で選びきれなかった動画を今回も紹介させてください。
カテゴリ制廃止からのニコニコの再出発とニコマスの復興を願って、ニコニコっぽい動画をチョイス。ニコニコTOPページのひとこと紹介文的なものを添えてみました。*1

益山武明P


いい笑顔です

キヨスクさん、クシカツP


デス・パレード

シンジP


おまえらもちづきけ

tironuさん


エッッッッモ

さめさん、ほか


わけあってよかったね

銀河P、#ぷるさん


実質アイマス


今回のぼくの20選は以上になります。

前回のニコマス20選(2018年下半期)はこちら。


アイマスレディオ』がアイマスとのファーストコンタクトで、原作ゲームの存在を知らずにリスナーしていた自分。
アイマスはぼくにとって、ゲームやアニメや音楽である以前に、何よりも声優ラジオでありました。*2

春は出会いと別れ、そして番組改変の季節。
この春始まったアイマス声優ラジオの中から、そんなぼくの印象に強く残った番組を5つ紹介させてください。

木村珠莉さん、小市眞琴さん


「仏像観賞」が趣味な二人が送る、拝観するだけで徳の積める“お徳”な番組。
好きなアニメや声優の話をしてはしゃぐオタクのテンションで、語る内容は上級者向けというギャップが面白いw
小市さんおすすめの水月観音、さすがのイケメンぶりでございました。

香里有佐さん、南早紀さん


うちの実家のラーメン屋にロケにきた夢を見ました。言えば叶うと聞いたので(
ロケ先で見せる”顔の食レポ”。コメントで「西川師匠」と呼ばれてしまうそのリアクション芸、やはり大阪の血は争えないのか…

松田颯水さん、松田利冴さん、佳村はるかさん


松田姉妹が送る特撮ヒーローをテーマにしたラジオの特番、佳村さんを迎えての「特撮入門」回。*3
番組自体はだいぶ前からやってるのですが(回数が若いのはリニューアル時にリセットしたため)、本放送とは別日に個別テーマを設けた「特番」をこの頃やるようになりました。
佳村さんというと「何事も素直に受け入れて進化していく人」という印象があり、ライブパフォーマンス、料理、野球・・・といろいろありますが、そのラインナップに特撮も加わってしまうのでしょうか。

南早紀さん


肉食系女子はそれを我慢できない。
「南早紀、女の子について語る」
という常設コーナーの存在が、この番組のすべてを物語っているのではないかと。
本人の口ぶりとテンションを見る限り、唐揚げが禁じられると話せることがこれしかないというか、この話を(合法的に?)したいがために番組を始めた感すらあります。
初回のテーマは「香里有佐さん」でした。とすると、7/25(木) 21時に予定されている第二回は ──おわかりですね? ・・・裏番組なんだよなぁ( *4

佳村はるかさん、関根瞳さん


ホスト役の佳村さんが迎えたゲストの人となりや交友関係を時間いっぱい掘り下げ、ついでに次回のゲストを紹介してもらう「世界に広げよう、令和のわ!」な番組。
小澤亜李さんの紹介でゲストにきた関根さんも、一枚のフリップに「気の合う人」「気になる人」「頼りになるお姉さん」といった感じで友人・知人をあげていました。*5
そんな関根さんが「会ってみたい人」にあげたのは、なんと平田宏美さん。いつか会えるといいなあ。もちろん事務所でなく、ライブで!

*1:カテゴリ制廃止について何か書こうと思ったのですが、何度書き直してもしっくりくるものが書けず、お蔵入りに。
アイマスカテにとってはプラスの無いこの変更も、ニコニコ全体にとっては必ずしも悪くない修正だったのかな、という気がしてまして。少なくとも(く)で当初やろうとしたことに比べたら、「改善」のこころざしの見える改変かと思いました。ニコニコが続いてくれない限りはニコマスの未来も無いので、今回は大目に見てやろうと思います(^^;
アイドルマスター_シンデレラガールズ」タグのみで「アイドルマスター」タグが無いとかで動画を見落としやすくなるのでは、「カテゴリ」という明確な”集会所”が無くなることで過疎化が進むのでは、などと不安や懸念はもちろんあるんですが、前向きに考えられたら。

*2:以前こちらの記事に少し書きました。→アイマスとぼく - hideo's hideout.
『松田的超英雄電波』も『ホームランラジオ』も毎週聴いてますが、ぼく自身は特撮ファンでも野球ファンでもなく、どんなヒーローや選手がいるのかよく知りません。ただ、好きなことを楽しそうに話す様子が好きで、パーソナリティーの話さえ面白ければテーマがわからなくても聴けちゃうのです。アイレディを聴いてた当時も今も。

*3:この二人と佳村さんの関係はいつ見ても面白いなと。双子なのに、ほとんど「正反対」と言えるほど対照的なので。ベースは同じでも、落ち着いたりっさんと無邪気なさっつんという性格の違いもあるんでしょうけども。
利冴さんにしてみれば佳村さんは「事務所の先輩」なので、仲はいいながらも相手を敬って一歩引く感じなのですが、颯水さんからすると事務所が異なる上、年齢・業界歴の差はあれど同じアニメでデビューした実質「同期」。
同郷の親近感も手伝ってか、天然な佳村さんを隙あらばいじったり煽ったりした挙句ヘッドロックをかけられて喜んでるさまが、二人の見た目もあっていかにも「近所のおねえちゃんにかまわれたがるksgk」のようでほほえましいw

*4:この放送自体『デレラジ』や『のむたむらんど』とかぶっていたのですが、翌日出演のカラオケニコ生が、あろうことか香里さん出演のカラオケニコ生とドンかぶりしてしまうという…
南さん→【出演:山下七海・南早紀・高木美佑】ボイスガレッジカラオケ企画「トモカラ!!!」第11回 - 2019/06/18 20:00開始 - ニコニコ生放送
香里さん→ここいば!チャンネル開設1周年記念☆カラオケ特番 - 2019/06/18 20:00開始 - ニコニコ生放送
(曲までかぶるとか(^^; それにしても、ここいばの3人は3人とも歌唱力おばけでものすごかったです。「うますぎて笑えてくる」ってコメ流れてましたがほんとそう。”かわいい担当”ぐらい「てへ♪」でごまかしそうなものですが)
デレアニが放映された2015年、特にCPメンバーはお渡し会やらなんやら大忙しでしたが、ミリオン2ndライブ当日にもイベントがあって、終わり次第戸田くんを応援すべくライブに急行した五十嵐裕美さんが「アイマスかぶりやめて~」って言ってたのを思い出しました(✕✕;
※第二回の放送時刻ですが、カラオケニコ生のほうで「7/25木曜日、時間は調整中」と言ってたので変わる可能性があります

*5:ちなみに「お姉さん」は峯田茉優さんと白石晴香さん、「気の合う人」は河野ひよりさん、「気になる人」は近(r
「会ってみたい」と思ったのは見せてもらったライブBDがきっかけとのことですが、どっちのお姉さんに見せてもらったんですかね… ←『シャニマス1stガイドブック』参照
この番組でゲストに渡す某タモさん風のサングラス。関根さんの次のゲストは河野ひよりさんだったのですが、グラサンかけてとったポーズはもちろん「S」でした(^^;