2020年上半期ニコマス20選+サムネ1選

ニコニコに投稿されるアイドルマスター動画(ニコマス)の視聴者による人気投票イベント「ニコマス20選」。
このような世情の中、今期も開催いただき本当にありがとうございましたm(_ _)m
楽しみにしていたイベントが次から次に中止へ追い込まれ、滅入りがち・塞ぎがちな気持ちをこの場をお借りして晴らさせていただきたいと思います。
公式の敵討ちだ!見てろよ567プロ!!m9っ`Д´)ビシッ

◆告知動画

◆公式ホームページ

基本レギュレーション

・対象は2020年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
・1Pにつき1作品(合作・別名義については別カウント)
・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でも可)

※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります

2020年上半期ニコマス20選_レギュレーション - だっしゅ【6/18更新】 - アットウィキ

紹介する動画の並びは基本的に記事投稿時点での再生数順です。
一作品、思うところあり後回しにさせていただきました。*1
それでは、今回もよろしくお願いいたします。

ニコマス20選

(1) ゲンキP


琴葉・恵美・エレナのユニット トライスタービジョンの、結成から初めてのフェス挑戦までを描くノベマス。2018年末から足かけ一年半、各話30分ほどで全4回。
アイドル、ライバル、ファンそれぞれに一人ひとりの人生があり、想い、プライドがあり。黒井社長の妨害工作に遭って窮地に立たされても、それを跳ねのけて舞台に臨む、そしてそれを支える皆の姿に心を打たれるお話でした。
この最終話からだと劇場版を「M@STERPIECE」の場面から見始めるようなものなので、ご視聴は一話からぜひ! アイドルの独特な性格づけや多彩なオリキャラの面々の人となりについては、シリーズの単発動画をご覧ください。

取り柄がない、自信がない、と自分を責めがちな琴葉。
でも、だからこそ努力を重ね、誰かの役に立てることを喜ぶ彼女の懸命な努力と献身の姿に触れて、その力になりたいと思う人、人、人、、、。
ファンの声援と仲間の信頼にステージで応え、批判はパフォーマンスでねじ伏せ、どんな障害があろうとみんなと一緒に乗り越えていく。
琴葉が笑顔に変えてきた人たちが、琴葉を笑顔に変えていく。この作品で目にしたのは、そんな「みんな」の成長物語だったと思います。
アイドルって、かっこいい。


(2) すくろーすさん、Cucklumさん、NO.1P、クリームパン名さん、夢芽さん、楠あかりさん、ここあさん


智絵里・雪美・ありすのユニット フェアリーフィーストのイメージソング、とMV。
曲調は「Palette」みたいに華やかで、歌い手さんの歌声も3人ともよく似てて、もちろん映像もばっちり。
とてもおしゃれでかわいらしい「野生の公式」動画でした(^^)

(3) 頭ハピリリさん


アルストロメリアのとある一日を扱ったシャニマス×『逆転裁判』の架空戦記*2
単発動画でこの短い尺なのに、完全にアルストロメリアの3人のお話で、完璧に逆転裁判してるのにちょっと感動しちゃいました。逆転裁判の何がいいかって、エピローグのあったかさなんですよね。
だからぼくは、この動画の締め方に “異議あり!” どうかつづきを…

(4) ハブラシになりたくてP


数字の書かれたカードが一枚ずつ配られ、皆で「数の小さい順」に手札をさらしていければOK。勝利条件自体はこんな感じですが、手札の数字を直接伝えあうのはNG。
「お題」を設定して「自分は◯◯」と表明しあい、それを手がかりにメンバー各人の数字の大小を推測して手札をさらす順番を皆で決める、という協力ゲーム「ito」の卓m@s。
シャニラジ風にたとえると、メンバーがこんな感じの相談をすることになります。

「テーマは名字の全国順位で」「あたしは『芹沢』です!」「私は『櫻木』かな?」「私は『西城』でいくわよ!」「凛世は『小宮』にしたいと存じます」「それじゃアタシは『有栖川』かな。でも『西城』と『小宮』ってどっちが先なんだ?」

キャラ同士のかけあいが楽しいうp主の作風にぴったり。

(5) 斜めP


なーんだ、ランティスでもカバーあるんですねー(
声がまんまなのもそうですが、独特の節回しの再現がほんとロコ。

(6) 鮫頭さん、もかぷさん、そらまろさん、きゃさりんさん、さめゆきさん、威月さん、梓綺さん、礼さん、煙さん、紅茶さん、水鈴さん、ぐり仔さん、さゆさん、たかさん、蓮宮しおりさん、たんめんさん、Lytoさん、さくやさん、ユッキリーンさん、とんぼさん、朝比奈さん、イッチイさん、たつろーさん、花丸さん、桃華さん、ユトさん、菖蒲さん、菊乃さん、キョン吉さん


Mアニ13話をオマージュ、皆でコスプレして踊ってみm@sterなダンスメドレー。*3
長めのバックステージ映像がおまけについてるのもいかにもSideM。
爽やかで楽しげな文化祭感が315でした!(^^)

(7) Uniboshiさん


普通にかっこいいのが妙に悔しいD/ZealのミリオンMAD。
ていうか、ミリコレSRって期限あったんですか!?(字が読(r

(8) 怒首領蜂P


昨夏開催のアイマスMADのイベント「im@sMSC2019Re:」参加作の単品。
物理的な意味でも目が釘付けになる感じの、背筋の凍るまゆのデレステPV。
衝撃作でした。投稿者名を二度見した意味でも。

(9) げんずむさん


南極点に人類で最初に到達したノルウェーの冒険家・アムンセン(アムンゼン)。
その足跡と当時の事情を、アムンセン役に幸子を配して紹介する教養講座。
内容のわかりやすさと面白さ、そして投稿のテンポのよさ。
動画を見てる最中も次の投稿を待っている間もwkwkしっぱなしで、お話を追いかけるのがほんと楽しかったです!(^^)

一歩間違えば◯と隣り合わせ、という大変な状況に置かれる幸子。
一見余裕そうなフリで、降りかかったアクシデントに慌てる幸子。
それだけ見ると「なんだ(いつもの)幸子か」で終わってしまいそうですが、でもこの動画シリーズの幸子、とても頼もしくなかったでしょうか?
大冒険家・アムンセンがのり移っていたからか、これも彼女の一面なのか。
ぼくにとって幸子の見方が少し変わりそうなお話にもなりました。

宇宙よりも遠い場所」なんて言われますが、
月面着陸もそうだけど、「人類初」ってほんとに大変なんだなあ、としみじみ…

(10) 江戸木檀介さん


バーン!できてほしかったww

(11) もも千代さん


これがミリラジの日常風景。*4
ミリラジの音声に手描きの絵をつけた、ぶるらじ風紙芝居。

ミリラジって同じメンツで7年もやってて、いつでも面白いのがほんとに不思議。
どんなに話のうまい人だって長く続けばマンネリ化は避けられないものなのに。
あとはゲストを呼んでくれれば言うことありません(

(12) ふるのさん、CYANGEさん、tohanaさん


ミリオンライブのニコニコメドレー、今年もきました2020年版。
納得の「すんごいやんばい神セトリ」、7thライブで聴きたかった曲ばかり。おのれ567プロ…

(13) 織日ちひろさん


2周年曲「シャイノグラフィ」にのせたシャニマス静止画MAD。
聴いた瞬間からだに電撃が走った曲で、シャニマスにぴったりだし、こんないい曲もらってよかったなあ、と。
そして、そんな曲に負けない映像だったと思います。

(14) 樋口楓さん、リゼ・ヘルエスタさん、森中花咲さん、アンジュ・カトリーナさん、勇気ちひろさん、静凛さん、魔界ノりりむさん、鈴原るるさん、童田明治さん、御伽原江良さん、笹木咲さん、シスタークレアさん、鷹宮リオンさん、山吹色さん、大福みっくすさん、ろくんしさん


合言葉はVTuberのV!

(15) めいさん


Minecraftで作ってみm@ster。
サムネ見てからシアター余裕でした

(16) mobiusP、螺旋王P、市川さん


2018年下半期の20選でこんなことを書いたのですが──
>全員の歌い踊る「Spread the Wings!!」、期待させていただいてもいいでしょうか。
「言えば叶う」とはいうものの、目の前に開けた光景はぼくの想像を超えていました。 

(17) ゼロワンP


「Flyers!!!」×仮面ライダーシリーズのアイマス×特撮な疑似m@s。
見返して気づいたんですが、タイトル「フライダーズ」じゃなかったんですね!?

(18) 紫縁P


笑いはコロナの特効薬。大爆笑で免疫力たくさんつけさせていただきました(^^)

(19) 菅原進さん(ビリー・バンバン


選んでおかないといけない気がしました。
ふと思ったんですが、最高齢Pだったりします…?

そして、今回最後に紹介するのはこちら。

(20) アニメ実況はじめましたさん *5


響の 「我那覇」 呼びがいかにもな、アイマス初見の方によるアニマス実況動画シリーズ。
楽しげに温かく見守る感じの実況で、楽しんでくれている様子はもちろん、何より本編終了後に各話30分前後もある「後語り」が聞きどころ。
名画の解説のような立て板に水の語りもそうですが。お話の内容に驚きますよ、「えっ、ほんとに初見?」って。

一人ひとりを受け止めて理解しようとするその姿勢、語り口が完全に「学校の先生」。
「よく見てるし、ほんとよく気づく。わかってるなあ」と毎回うなづきながら聞かせていただきました。回を追うごとにみんなの名前を覚えつつ思い入れが深まっていく様子がうかがえるのもよきでした(^^)
また、知らない人が見てこれほど読み込めるのは、このアニメにそれだけの深みと丁寧な描写があったればこそ、ですよね。改めてすごかったんだなあと。

・・・あ、それと最後に。
ツインテールの幼女」云々はうp主の妄想ですが、後の765プロメンバーです(^^;


サムネ1選

選曲もやってることも「ニコニコ」らしいなあ、と思ったこちらを選んでみました。

ひのきさん

次点はこちら。こんな日常が、帰ってくることを願って。

紅ばめさん


選外作品の特別ピックアップ

今期はミリシタPVに自分の琴線に触れるものが多かったのです。
20選本選に選びきれなかった作品をここで紹介させてください。

回P


まるいP


鼻血が出た。さん


阿羅他P


寺崎 九十九さん


Bleuさん


あとこれ1選

先に謝罪をさせてください。全然「1選」に収まらずすみません!m(_ _)m


最初はこちら。アイマス版りんご事変です。
事件だったなあ、と。週マスの再生数1万超えとかいつぶりでしょう。
このコロナ禍を機に「皆YouTuberだよー(o・∇・o)」な状況が加速する昨今、ニコニコにも人を集めるには…

お次はこちら。すまーとくっきーPのミリシタ4コマ漫画、「アライブファクター」の回。
「イヌ」面も受け継がれる青の系譜。


それから、怒涛のミリオン特番。
「ステイホーム」が声高に呼びかけられ、非日常が日常化した緊急事態の中で、
ミリオンの「アットホーム」さ、チームのもつ連帯感のあたたかさと心強さを改めて思い知らされたこの春でした。

まずは中止となった7thライブの代わりに開催された、振り返り特番「手作りのThank You!」。
EDで流れたリモート収録のThank You!映像は不意打ちにもほどがある。


そして、6月いっぱいに渡り行われた「ミリオン1st~5thLIVE一挙放送」。
BD全部もってますが、皆と一緒に見るのはやっぱり違いますよね!
何度も見返した映像なのになぜだかすごく新鮮に感じて、気持ちが当時に帰っちゃいました。
演者さんたちやノスオケのお二人・KOHさん・門司先生のTwitter実況も楽しかった(^^)



最後は公式ラジオになります。MOR 松井洋平さんゲスト回。
公録であれほどすごい話をされた松井さんだから、と楽しみにしてたのですが。
神の回はやはり神回でした。*6


ぼくがアイマスに足を踏み入れたきっかけはアニマスなのです。
あれから幾つ経っただろう …ってそろそろ9年、ですね。
思い返してみれば、長い付き合いになりました。

「これがアイマスかー」
まだPではなかったぼくは、そんなふうに1話から、
一視聴者、一傍観者として、客観的に見ていたはずだったのです。

転機はご多分に漏れずの第20話。
固唾かたずを呑んでその道行きを見守りました。
ショックで声が出なくなる、親の離婚、数年前に弟と死別、
そしてそれを引きずりつづけている。
当時の自分と共通点があり過ぎて、この回の千早の姿を
他人事ひとごととして見ることができなかったのです。
見終えて、EDに涙しながら、ぼくはこの作品に文字どおり“救われた”のでした。

アニマス20話は多くの方に刺さった回。
同じようにここからPになった方もたくさんいらっしゃると思います。
ただ、理由が理由なので、ぼくのような人はいないのだろうな、と寂しさを覚えることもありました。

それから時は経ち、MORのこの回。
ゲストはミリ・M・シャニの作詞でおなじみの松井洋平さん。
最後の曲として流れ始めたのは、ミリオンの「STANDING ALIVE」。
LTHのエンディングみたいな曲だし、〆にちょうどいいってことなのかな。
そんなことを思いながら、松井さんのコメントを聴き始めたのです。

・・・浅はかでごめんなさい。
この曲は、今時こんじの災禍に立ち向かう人への“応援歌”として選ばれていました。
イベント中止の寂しさ、15周年のこのときになぜという無念さ、
そして何もできない歯がゆさと不甲斐なさ。
お話を聞き、歌詞を思い出すと、この歌がたしかに
そんなぼくたちに向けて書かれた過去からの「チアリングレター」になっていました。
聴き終えて、EDに涙しながら、ぼくはまたアイマスに救われたのだと思いました。

そして今回は、理由が理由だけに、同じ境遇の人ばかり。
不謹慎で不適切な言い方なのかもしれませんが、だからこその心強さも感じたのです。
悲しいことが続き、寂しい思いをすることも多いこの世情の中、
アイマスを好きでいて本当によかった。そう、改めて思うことができました。

「もし離れたって信じてるから 必ずまた逢えることを」

いつかまた、元気であいましょう。
アイマスでラジオなら、合言葉はこんな感じでしょうか…


前回の20選はこちら。

*1:たまたま「あとこれ1選」の内容とリンクしちゃったので、20選の最初と最後をこの二作品でサンドイッチしたかったのです。

*2:自分がファンになった最初のニコマス作品は『逆転裁判春香』なんです。まだPになる前のことでした。

*3:毎回動画のジャンルがバラバラになるように選んでるんですが、あのホメ春香再現ダンスの動画がニコニコに投稿されていたら、踊ってみた枠でどちらにするか悩んだかもしれませんね… → https://twitter.com/moa_blue46/status/1259736589292277766

*4:いつものミリラジはむしろこっちかもしれませんがw ミリオン1st~5thライブ一挙配信での3rdライブ千秋楽、”あの場面” をミリラジで振り返って話をしてたら… →クシャミしちゃったぴょんさん - ニコニコ動画

*5:記事作成時のニコニコのユーザー名がこちら。担当科目は国語でしょう(妄想)
比喩表現を解釈する手際の鮮やかさや、たまに口をついて出る用語の感じからすると、文芸評論や映画評論をたしなまれてるのかな、と思いました。もしかすると本職の方かもしれませんが…

*6:こちらもどうぞ →【 #imaStayHome 】作詞家・松井洋平の、自身が携わったアイマス楽曲についての1曲1ツイート - Togetter
「7月26日」はアケマス稼働開始の日=アイマス15周年記念日。