2014年下半期ニコマス20選+サムネ1選

毎年2回、ニコニコに投稿されたアイドルマスター関係の動画(ニコマス)の中からお気に入りを20作品まで選んで投票する視聴者のイベント「ニコマス20選」。
2014/12/31時点で2014年下半期の開催アナウンスが無く、単に遅れているだけなのか今回は開催されないのかちょっとわかりませんが、大好きな作品を紹介できる大切な機会ですので本記事を投稿します。後から開催告知があればもちろん参加させていただきます!*1 どうぞよろしくお願いします<(_ _)>
紹介の順番はこれまでどおり、記事を書いた時点で再生数の少ない順です。


(2015/1/2追記)
今回の開催をコメントで教えていただきました!
早速参加申請をさせていただきました。本当にありがとうございました<(_ _)>


(2015/1/4追記)
鏡花Pの企画告知動画が投稿されていたので追記。あったかい作品と思いました。


◆告知動画


◆公式ホームページ
http://bashi765nicomas.blog.fc2.com/blog-entry-2674.html

基本レギュレーション
・対象は2014年下半期(7月1日〜12月31日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります

ニコマス20選

  • (1) 龍川P

アニメ『ぷちます!!』ニ期ED「オハヨ○サンシャイン」をギターで弾いてみm@ster、なニコマス楽団作品。
響誕生祭ということで響の歌うバージョンなんですが、明るく楽しくかわいらしい、響のためにつくられたと言って過言でない曲と思います。そんな曲調によく合った非常にノリよく気持ちのいい演奏で、聴いてるだけで元気が出てくる!(^^)
龍川Pはこれまでにも「しっくりとゆっくりと」や「SWITCH ON」などぷちます曲ギター演奏動画をあげられてますので、この動画を見て興味をもたれた方はマイリス巡回推奨ですよ!

  • (2) Re.P、◆半角P

ニコマスダンスシンクロ選手権」という同じ課題曲のPVをつくるイベントが昨春にありましたが、そのノベマス版と言うべき「◆P@VE」*2、◆半角P原作のSSを動画化し投稿する企画の参加作。
Re.Pの手になるこちらは、見て受ける印象からして「動くマンガ」という感じなのですが。律子と麗華、二人のせりふがまさにキャッチボールのように行き交う様子を表現しているようで面白く、おしゃれで気の利いた“大人の会話”を描く原作によくマッチして気持ちのいい作品でした。

  • (3) Captain.Cheerioさん*3

真の誕生日を祝う、真の持ち歌「ヨーイドン!!」にのせた海外PによるアニマスMAD。
明るくてさわやかで、何よりかわいい真を詰め込んでみたらこうなっちゃいました、という感じの、「真大好き!」という想いにあふれた動画です。
目線がやさしくてすごく安心できる。こういうどストレートな作品て素朴かもしれませんが、やっぱりいいものだなあと。あと、改めて、いい曲ですよね「ヨーイドン!!」って(^^)

  • (4) 七指P、鉄平P

響の持ち歌「TRIAL DANCE」を往年のディスコ曲調にアレンジしたアイマスREMIX作品。
いつものFF曲風アレンジかと思って聴き始めたらびっくり。このOld Fashionedな感じがものすごくおしゃれで気持ちいい! PVもすごく雰囲気があってかっこよかったです。

  • (5) オレンジパーカーさん

周防桃子の誕生日を祝って投稿された静止画MAD。
「ココロがかえる場所」は来し方をふり返る叙情的なバラード。桃子や「First Step」を持ち歌とする雪歩の参加したユニット曲で、ミリオン1stライブでも歌われたLTP名曲中の名曲。
“約束された勝利の選曲”という感じですが、曲に負けていない「ことば」を大事にした想いのよく伝わる画面づくりにジーンとくる… それと、カードをアルバムに見立てる演出はズルい;;


オレンジパーカーさんは不気味遺産さんの一枚絵を使ったPVもあげられてて、どちらを選ぶか迷いました。


  • (6) 胡桃坂さん

美希と伊織、二人の関わりと絆を描くストーリーPV。
14歳ユニットとして一緒にデビューした伊織と美希。美希は伊織の気遣いに助けられ、伊織は美希の天才に触発されながら、支え合いトップを目指していた二人へ、Aランク目前にして告げられたユニットの解散。そして二人は──
「ああ、“アイドルマスター”だな」と。胸を打たれました。

  • (7) チンゲールP

冠番組の打ち切りにアイドルとしての居場所と自信をなくした雪歩。そんな雪歩を元気づけるため、Pが亜美真美をつれて北海道へ …というノベマス(旅m@s)。全10回。
落ち込んで自分を見失った雪歩のポエミーなひとり語りと自分探し。チンゲールPのところの亜美真美特有の、ややオヤジくさいノリとやらしい笑顔(^^; 、の裏に秘められた思いやりと気づかい。エモーショナルだけれど暗く切なくなりすぎない絶妙なお話のバランスに支えられて、見届ける雪歩の旅の行き着く先は。
チンゲールPの旅m@s作品はいい感じの風景写真集を見ているような趣きがあって、ぼーっと見てるだけでも仕事疲れが癒されるというか、そんな感じで楽しませていただいてます。

  • (8) 鷹津アンリさん

シンデレラのイベントをテーマにした、かっこよくておしゃれで楽しい、CMのような静止画MAD。
公式による静止画素材の供給によりニコマスでも静止画MADを作成される方が増えました。映像にフォーカスした作品が多い中、こちらのように明確にストーリーを感じられたのが珍しく思いまして。

  • (9) リンスキー師範P

ドール千早主演のミンゴス曲コラボPV。
「何かに目覚める動画」とはこういう作品を言うのかも… ぼくの拙い文章で紹介するのも憚られるこの映像美。

  • (10) 奪取さん

いくつかの擬似m@s*4 をモーショントレースして、歌い手本人に踊らせてみたMMD-PV(?)。
2014年の下半期はMMDm@sterが豊作すぎて、どの動画を選ぼうか思いあまった挙句、こちらを選んでしまいました(^^;
元ネタが擬似m@sなだけにジワジワくる非常にシュールなダンスと展開に腹を抱えて笑い、「なぜやろうと思ったし」と思ってさらに笑い。誰もあまりやろうと思わなかったことをやってのけたその発想と勇気を讃えて。


  • (11) スカルちくP

春香の持ち歌「笑って!」をバックにふり返る、ねんどろ春香を同じ場所で撮り続けた日々の記録。
晴れの日も雨の日も風の日も、いつも笑顔の春香さん。それを見て胸が熱くなる自分…

  • (12) ダイヤモンドP

律子と千早主演の『ザ・シムズ3』のiM@S架空戦記シリーズ。
961プロの画策で765プロは倒産、メンバーも散り散りに。復讐を誓い、すべてを失ったどん底状態から這い上がることを今日も夢見て星空の下床につく、極限サバイバルな野宿生活。
その設定の割にかなり陽気で脳天気な二人のフリーダムさと、ひどい絵ヅラ、カテゴリーを超えた豪華?エキストラのカメオ出演、そして無駄に丁寧な解説・コメ返しとシムにやらせてることとのギャップを楽しむ、一シーンごとにツッコミ待ちをしてるようなシリーズです。


毎回おなかが痛くなるほど笑わせてもらってます(^^)
配役の妙というか、カタい方から数えて1番2番の二人だから余計に面白いんでしょうね。(この動画では)やや頭の弱い千早が顔に似合わないハスキーボイスで脳天気に「アハハハ〜!」って笑いだすだけでなんだか楽しくなっちゃう(^^;

  • (13) チャミP

PS3ソフト『アイドルマスターワンフォーオール』テーマ曲「ONLY MY NOTE」を踊ってみm@ster。
ただ一言、かわいい!

  • (14) しゅうまいP

いっぱい食べる君が好き。マンガ『もぐささん』が元ネタのノベマス「ゆきほさん」。
抑えきれない食い意地と、それを恥ずかしく思って他人に隠したいのに、隠しきれなくてアワアワするヒロイン。雪歩の配役が絶妙すぎて(^^; そーろーPを彷彿とさせる改変立ち絵も含め、そのかわいらしさに毎回2828させてもらってます。

  • (15) 氷蓮さん

雪歩と真の“まったく関係ないのに絶妙に噛み合う”ケータイ会話、が笑いを誘うゆっくりMMD紙芝居な演芸m@ster。そもそも面白いのに、時折映る小鳥さんの表情を見てまた吹き出すというw
話の内容は違いますが、ネタのモチーフはアンジャッシュのコント。アンジャッシュぼくも大好物です(^^) …しかし、東方カテゴリを主戦場にされてる方には、D-2さんといい白ごまふさんといい、どうしてこうエンタメバラエティ系に秀でた方が多いのかw


  • (16) はやなりさん

曲とアイドルを選択すると、そのアイドルの歌声で再生されるアイマス曲専用音楽プレイヤーを作ってみた。要は、この後紹介するしがないさんのアイマスメドレー的なことを、自分の自由にその場でいろいろできちゃうソフトです。
自分もいちおうIT業界の人間なので、何をやっているかはわかりますし技術的に難しいことは特に無いと思うものの、…それでもこういうの欲しかった!夢のソフトと思いました(^^) コロンブスの卵だなあ、と。

  • (17) mobiusP

mobiusPお得意の、客席をMMDでてんこ盛りにしたライブ風MAD-PV。
一目見た瞬間「7thだ!劇場版だ!!」と、この再現度、この臨場感のものすごさにたぎりましたー!(^^) このサムネに、輝きの向こう側が見えた思いがします…

  • (18) ひーりんぐP

響の誕生日を祝う、持ち歌「しあわせのレシピ」に乗せたお料理がんばる新妻?響の手描きアイマス紙芝居。
かわいすぎか!

  • (19) 焼き海苔さん

「いーあるふぁんくらぶ」をベースにした、シンデレラガールズのセリフの音MAD+「お願いシンデレラ」のiM@SHUPなボカマス作品。
序盤の音MADパートで「お?」と目を引きつけられ、中盤のセリフパートで「おいw」→「おお」と感情移入し、そして終盤のiM@SHUPパートで「おおおお…!」と気持ちが昂ぶらされ。編集も構成もバッチリで、この1月からのアニメ化に向けていい祝砲になったのではないかと。

  • (20) しがないさん

アイドルマスター公式曲をつなげてメドレーにしたアイマスメドレー。
…なのですが。いわゆるアイマスメドレー動画はそのセットリストの選曲や曲順の妙、そして曲間の“溶接”の自然さ具合を楽しむものでしたが、本作品はそうした従来の作品とは一味も二味も違ったものとなりました。


アイドルマスター』が他の類似コンテンツと大きく違っている特徴の一つに、「同じ曲を各キャラがソロで歌った音源がたくさんある」というものがあります。
ゲーム中、各アイドルがオーディションやフェスで披露する演目を決まったレパートリーの中から選ぶためですが*5、また各キャラごとにある「持ち歌」も、ゲーム内でのそれは少数の専用曲を除けば単に「そのキャラに歌わせると達成値が上昇する“持ち歌ボーナス”がつく」曲という位置づけであり。
そのような特徴を逆手に取り、定番キャラとは別のキャラたちでのデュエットMIXをやってみたら、ということで製作されたのが本作。


知らない人が聴いたら「へえ、アイマスっていい曲が多いんだ」と思っていただけるでしょうし、知ってる人が聴けば「お、変わった取り合わせだね。ほお、こう繋げてきたか!」と、まだセトリを知らないライブ初日のwkwk感を思い起こす、タイトルに偽りなしの楽しくまた感動的なメドレーになりました。
この流れで定番・王道の組合せがくると心が震えるのは、変化球があるからこそ決め球のストレートが活きる好例でもあります。再生長「一時間」という超・長尺の動画にもかかわらず、飽きずにリピートしている自分(^^) こんなすばらしい作品をつくっていただき、本当にありがとうございました。
…ところで、投稿者コメにある「Do-Dai」の件について社長風に声をかけるとしたら。「しがない君、ドンマイ♪」 リベンジ、期待してますよ! このメドレーのかたちで聴きたい曲はまだまだたくさんあるので、次回作があることを心より祈ってます…( ̄人 ̄)

サムネ1選

いつも“お気に入りのサムネ”を選んでますが、今回も。

  • もっさりさん

かわいい愛ちゃんが目を引くこちら。これぞ“愛犬”。

選外作品の特別ピックアップ

「作品」ではないのでもちろん選外なんですが、アイマス関連動画として紹介させてください。

ちょっとジーンときちゃいまして…

  • にしたけさん*7

ニコ厨ですので…
2014年、いろいろあって楽しかったなあ。アイマス10周年の今年も、いい年でありますように。

あとがき

というところで。
今回も私選SIDE-Bを予定しています。もし今回ニコマス20選が開催されなかった場合、2月ごろに投稿しようと思っています。
今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>


前回のニコマス20選(2014年上半期)はこちら。

まとめ記事があがったので私選SIDE-Bを公開しました。

次回のニコマス20選(2015年上半期)はこちら。

*1:レギュレーションの発表より先に記事を投稿してしまいますので、過去開催時のレギュレーションには抵触しないよう気をつけて選んでいるつもりではありますが、万が一ということがあるかもしれません。
ここに挙げた作品はお気に入りの中から厳選に厳選を重ねたもので、レギュレーション違反だとしても後から取り下げるのに忍びありません…。そんな場合は単純に「ノーカウント」としていただけますようお願いいたします。

*2:告知動画はこちら→【告知動画】◆P@VE開催のお知らせ【律子誕生祭】 アイドルマスター/動画 - ニコニコ動画

*3:アカウントのユーザー名は「CaptainThis」さんとなっていますが、動画内のクレジットがこうなってましたので投稿者名としてこちらを採用させていただきました。

*4:「疑似m@s」とは、アイドルマスターと無関係な映像にアイマスの曲を合わせる、というジャンルの動画のこと。
曲と絵ヅラのギャップが笑いを誘うもの、映像が曲名にかけたダジャレになっているもの、といった作品が多い印象を受けます。いずれにしろ“一発ネタ”的な動画が多いので、疑似m@sがらみの作品の20選本編での選出はこれが初めてだったかもしれません。
こちらの大百科記事も参照のこと。→疑似m@sとは (ギジマスとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

*5:ゲーム曲でないものも、企画CDやライブ会場限定販売CDのかたちで各キャラソロバージョンの入ったものが出ることがあります。
また、ライブBDから声を採ってきてるところもあったりして。「Vault That Borderline!」の春香のコール煽りは冬フェスでしょうか。前作には7thライブの小鳥さんMCやてってってーが入ってましたし。

*6:アイマスを知らないとわからないことですので簡単に説明しますと、アイマス出演歴のある男性声優二人がアニメOPの「READY!!」をライブで歌った、という映像なのです。
寺島さんはゲーム『アイドルマスター2』から登場のライバルキャラである天ヶ瀬冬馬(あまとう)役。羽多野さん(おいたん)はアニメ『アイドルマスター』の大運動会の回の司会者役、ということでこんなタイトルになっています。ジュピターがアイマスライブのステージに立ったら、こんな光景が見られるんだろうな、と。

*7:使用された素材の紹介がブロマガにあります。参考まで。→【動画増量】2014年のニコニコ動画で『M@STERPIECE』【劇場版】 使用動画:にしたけのブロマガ - ブロマガ